日本でのArcの普及を図るArc Japanが設立されました

2月16日に日本政策投資銀行(DBJ)から、株式会社Arc Japanの設立に関するニュースリリースがありました。Arcは米Arc Skoru, Inc.が開発した、既存ビルのエネルギー消費、水消費、廃棄物発生量などの実績データを用いて建物の環境性能評価を行うシステムであり、これまでLEED O+M(既存ビル評価)の評価法の一つとしても活用されていました。

これまで既存ビルの評価は、CASBEEやLEEDを含め、DBJでもグリーンビル認証を行っておりましたが、評価手間などの問題から大きな普及に至っていないのが現状です。Arcは実績データを継続的にアップロードすることで、自動的かつリアルタイムに評価結果を見える化できるものであり、中小ビルを含めた既存ビルの環境性能改善に対して、大きなポテンシャルを有していると考えられます。

2050年のカーボンニュートラル化に向けて既存建物の省CO2化は喫緊の課題となっており、Arcのような見える化/評価システムは、ビル管理に関わる方々に対して、具体的な目標設定や改善活動を検討する際に非常に有用なツールになると思います。

弊社では、既存ビルのエネルギー診断をはじめ、CASBEE、LEEDの認証取得など、ビルの環境性能改善に関する様々なサービスを実施しております。ご興味の際にはお気軽にご連絡ください。

日本政策投資銀行ニュースリリース
https://www.dbj.jp/topics/dbj_news/2020/html/20210216_203102.html

Arcウェブサイト
https://arcskoru.com/

    前の記事

    新年のご挨拶